電子タバコはここ数年で広く普及してきたグッズであり、以前と比べると入手も簡単にできるようになりました。インターネット通販ではもちろん販売されていますし、専門ショップも各地に生まれ始めています。ただ電子タバコを利用する前にはそのメリットとデメリットを知っておくことは重要なことです。特に「電子タバコはタバコとほとんど同じだ」と考えるのはあまりおすすめの出来ないことで、名前こそ「タバコ」とついているものの電子タバコと普通のタバコは全く違うものだとして理解しておくことが必要です。例えばニコチンやタールといった物質は日本国内で市販されているような電子タバコだと含まれてはいませんし、また安全性についても難があるような製品が少なからず流通していますから、しっかりと理解したうえで利用するようにしましょう。

電子タバコを使うことのメリットとは

電子タバコを使うことのメリットを端的に述べると「タバコのような感覚をタバコを吸わずに味わえること」だと言えます。もちろん電子タバコに使用されるリキッドにはニコチンもタールも含まれていないのが普通ですから、ニコチンの補充目的で使うことはできません。しかしそうした有害物質が含まれていないわけですから、禁煙中の人が口寂しさを紛らわせるために吸うということであれば高い効果が見込めるでしょう。またリキッドの種類が豊富でありリキッドを詰め替えるだけでさまざまな味を体験できるのもメリットです。市販のタバコに近付けたものだけではなくフルーツなどのフレーバーもありますから、そうした娯楽目的としてはとても楽しめる存在です。その他部品を交換して自分だけの電子タバコを作れるなども楽しめるポイントですから、こうしたことをメリットだと感じられるのであれば利用する価値はあるでしょう。

電子タバコを使うことのデメリットとは

電子タバコを使うことのデメリットとしては「本物のタバコとは違うこと」が挙げられるでしょう。特に電子タバコを使った人の中に多く見られる不満となっているのが、禁煙時のストレスを緩和できなかったといったことです。これは個人差もあるのですが、確かにニコチンが含まれていない以上ニコチンの離脱症状を抑える効果を期待するのは難しいでしょう。また海外で販売されているリキッドの中には発がん性物質や呼吸器障害を引き起こす物質が含まれているものがあると報告されていますから、そうしたリスクがあることも考える必要はあります。ただそうしたリスクの高い海外製リキッドを使うのではなく、日本国内で検査を通過したうえで市販されているリキッドを使う場合は通常のタバコを何年も吸うのに比べれば害が少ないですから、禁煙グッズや嗜好品としての価値が無くなることはありません。