電子タバコは現在欧米を中心にブームを巻き起こしている嗜好品ですが、これは日本国内でも大いに活躍してくれる存在です。特に大きいのが「子どもに対して害が無い」という部分です。教育的な面についてはさておいて、特別なことわりをした上で販売されているようなものを除いた電子タバコは基本的にニコチンもタールも含みません。それであれば出てくる煙も単なる水蒸気にしか過ぎないものであるため、仮に電子タバコの副流煙を子どもに直接吹きかけたとしても通常の紙巻きタバコのような害は無いのです。もちろんタール、いわゆるヤニも含まれていないわけですから住宅の壁紙が黄ばんでしまって賃貸物件の退去時に高額な壁紙交換費用を請求されることも無いわけですから、子どもがいるなどの事情で禁煙をしなくてはならない、でも出来ないといった人にはひとまずの禁煙グッズとして大いにお勧めできるでしょう。

タバコとの吸い味の違いはあるのか

電子タバコということでよく疑問とされるのが「通常のタバコと同じような感覚になれるのか」という部分です。これについては個人差があるために実際に試してみるのが一番良いのですが、基本的にタバコと全く同じであるとは言えないでしょう。ニコチンやタールが含まれていない以上、吸い味はどうしてもタバコとは異なるものになりますし、ニコチン依存症状態に陥っている人はあまり満足できないことが多いです。ただ普段「ニコチンが切れてイライラする」というような症状に悩まされていない人ではなく、煙を吸って吐く、タバコの味わいが好みだといった人であればある程度満足できる可能性が高いでしょう。また屋外では普通のタバコを吸って自宅では電子タバコを吸うといった使い分けもできるわけですから、完全な代用品ではなく吸えない時の気晴らしとして考えるのであれば十分価値はあります。

電子タバコのリキッドはしっかり調べよう

ここ数年、電子タバコについて問題となっているのが市販されているリキッドに関してです。リキッドというのは電子タバコの本体の中に入れる溶液のことで、これを熱して気化したものを吸いこむというのが電子タバコの大まかな仕組みです。従ってリキッドにはさまざまな味や香りが付けられているわけですが、日本国内で市販されているリキッドの中の一部でニコチンが不正に混入されているものが発見されています。ニコチンが混入していればニコチン依存症を引き起こすリスクがありますし、そもそもニコチンというのは毒物に指定されているため本来であれば勝手に使用することはできないものです。また中にはリキッドに含まれる物質でアレルギー障害を引き起こしす人もいますし、呼吸器疾患に繋がるジアセチルを含むリキッドが販売されていた事例もあります。そのためリキッドを購入する際にはしっかりと情報を見て選ぶようにしましょう。