電子タバコは通常のタバコよりも経済的というイメージが付いていることが多いのですが、実際どれくらいのコストなのか分からないという人は多いでしょう。このコストというのはそれぞれの人がどれくらい吸うのかによっても大きく異なってくるのですが、ひとつの目安として考えられるのが「電子タバコ用リキッドは0.1mlでタバコ1本分に相当する」という考え方です。例えば自分がこれから購入する電子タバコのリキッドが10ml入りだった場合にはタバコ100本分をまとめ買いしたような形になりますから、自分が普段タバコを吸うペースを考えるとある程度コストを考えることができます。もちろん電子タバコは本体の部品が故障することもあるため故障した際には少々出費がありますが、総合的には電子タバコの方が安いことが多いでしょう。

電子タバコのリキッドとタバコの費用の比較

電子タバコのリキッドは0.1mlでタバコ1本分に相当するとされています。仮に10ml入りのリキッドが2000円で販売されていたとして考えると、このリキッドは0.1mlあたり20円です。このことを踏まえるとタバコ20本相当の2mlは400円相当になりますから、いわゆる旧3級品と呼ばれているような格安タバコと比べると少々割高になると言えます。ただ安いリキッドを探すと15ml入りで1000円などもありますから、この場合はタバコ150本で1000円、従って1本あたり6~7円、20本にしても120~140円と、タバコ一箱が缶ジュースくらいの値段で買える計算になるのです。こうした安い商品を探していくと電子タバコがタバコよりも安くなるということが多いですから、もしコストを第一とするのであればしっかりと商品選びをして購入するようにしましょう。

電子タバコのメンテナンスにお金はかかるの?

電子タバコを使っていく上でまず気になるポイントになるのが「壊れることはないのか」という点でしょう。実際のところ電子タバコは過熱などハードな環境で使われることを想定していますから、普通に使っていて突然壊れるというのは粗悪品でも無い限り早々ありません。しかし全くメンテナンスをしないまま何ヶ月も使えるのかと言われるとそうではなく、せめて1ヶ月に1度くらいは清掃メンテナンスをするべきです。ただこのメンテナンスもお金がそこまでかかるわけではなく、基本的にはアトマイザーやカートリッジといった部品をアルカリ電解水や無水アルコール、熱湯などを使って消毒洗浄すれば問題ありません。清掃に必要なものの大半はドラッグストアで数百円程度で買えるため、コスト的にはそう重いものではないでしょう。このメンテナンスを行うだけでも部品の寿命がかなり延びますから、電子タバコを使うのであれば必ず知っておきましょう。